看護専門科目領域

HOME > 教員紹介 > 精神看護学

精神看護学

精神看護学を制すれば、看護すべてを制する 基礎看護学 成人看護学 老年看護学 小児看護学 母性看護学 精神看護学 在宅看護論 公衆衛生看護学

 精神看護学では、精神疾患を持つ人とその家族を対象とした支援について学びます。精神疾患を持つ人および家族が、病気に対する思い、病気をどのように理解しているか、どのように対処しているか、希望していることなどを知ることで、より有用な援助法が生み出されます。
 実習では、精神科コミュニケーション技法を用いて当事者と向かい合うことで、自分自身の新たな発見にもつながり、自己成長の機会に成り得ます。




  • 教授 山下 美根子
  • 助教 宮武 陽子
  • 助手 五十嵐 啓子

教員からのメッセージ

 精神看護学と聞けば具体的にどのようなことをイメージされるでしょうか?精神看護学では、人の精神面の健康保持・促進が重要視されます。精神面の健康保持が出来なくなった時、こころの病にかかります。こころの病から回復するため、薬物をはじめ様々な治療法を学びます。看護師は薬物以外の非薬物療法に幅広く関与しています。折れたこころを回復させるため、あなたができる様々な治療法を学びましょう。

再構成の振り返りを行っているところ。

おもな科目

精神看護学概論
心の健康を保持増進する看護職者の役割と、他専門職種との連携・協働のあり方について学ぶ。心の発達段階と発達課題を根底に、各段階における特徴と心の健康に影響を及ぼす要因ついて学習し、精神面の健康保持の重要性について理解する。また、日本の精神看護における課題について歴史的変遷を通して考察する。
精神看護方法論T
精神に障がいを持つことによる症状や日常生活上の課題に応じた看護の基礎を学ぶ。また、対象者が他者と治療的に関わり、セルフケア行動ができるようにするための援助方法の基本について学び、他職種との連携・協働について理解する。
精神看護学実習
精神障がいをもつ対象を精神的・身体的・社会的側面から理解し、精神症状と身体の関連性、さらに日常生活への影響がわかり、看護過程を展開し看護を実践する。また、学生主体のレクリエーションを企画し実施する。保健医療福祉チームにおける看護師の役割や連携について学ぶ機会とする。

〒326-0808
栃木県 足利市
本城 3-2120
TEL:0284-64-8511 FAX:0284-22-2213