健康支援

HOME > 健康支援

保健室について

本城キャンパス本館5階に保健室を設置しています。
足利大学看護学部生、足利短期大学生、教職員が利用します。

充実した学生生活を送り、将来につなげるためには、何より健康であることが大切です。また、生涯の健康を維持するためには、「自分の健康を自分で管理する」という考え方もとても大事です。皆さんは、もう「生徒」ではなく「学生」であり、これから「社会人」へとなります。自分の将来に向けて自分で責任をもつことが必要になります。その過程にある皆さんの心身面でのサポートのために、以下の健康支援を行っています。

1.健康診断

毎年学内にて実施しています。
病気の予防や早期発見・早期治療、自分自身の健康状態を知るために、とても重要です。また4年生は特に、就職時に必要となる本学発行の「健康診断証明書」の基礎となりますので、必ず受けててください。

2.健康診断証明書の発行(申込み、受け取り:本館5階事務室にて)

本学の健康診断を受けた4年生のみ発行ができます。4年次の就職活動時に、就職予定先から「健康診断証明書」の提出を求められることがあります。本館5階事務室で申込みを受け付け、保健室にて発行作業をしています。

3.抗体価検査や予防接種

入学時に限り、健康診断の中で、感染症抗体価検査も合わせて実施しています。
これは、医療機関等で臨地実習を実施するにあたり、自分自身の感染予防のため、また他者への感染防止のために免疫能力を獲得しておく必要があります。過去の予防接種歴と、抗体価検査の結果により基準値未満の感染症については、学校医と協議の上、各学生へ必要なワクチンを通知し、予防接種を受けて頂きます。

4.不慮の怪我、体調不良等の応急処置

学内で起きた怪我や体調不良時、適宜対応しています。
怪我、発熱、体調不良等、保健室へ来室してください。不在時は、本館5階事務室へお声かけください。

5.災害傷害保険(通称:学研災)の手続き、請求

教育研究活動中(正課中、課外活動中、通学中等)に不慮の事故にて受けた傷害に対応するため、全学生対象に学生教育災害傷害保険制度に一括加入しています。また、臨地実習にも備えて、接触感染特約や医学生教育研究賠償責任の保険にも一括加入しています。通学中含む、学内で起こった事故や怪我で、医療機関を受診した場合は、保健室または事務室へご連絡ください。任意加入のWiLL−2保険についても、必要に応じて対応しています。

6.健康相談

健康面、精神面、悩みごと等、保健室にて相談に乗ります。お気軽におたずねください。臨床心理士による学生相談室については、>こちらへ

7.感染症状況の把握・対策

学校感染症等(学校感染症通知書を参照)に罹患した場合、以下の手順で連絡してください。

@大学へ連絡
事務室代表:0284-64-8511 または 保健室直通:0284-22-7159

A以下どちらかの方法にて、医療機関で書類の記載を依頼

  • 1)医療機関で「治癒証明書」(書式問わず)を発行してもらう。
  • 2)本学所定の「学校感染症通知書」を使用し、医療機関で記入してもらう。

「学校感染症通知書」用紙の入手方法

本館5階保健室または事務室で受け取るか、以下よりダウンロード
学校感染症通知書:>PDF版>Excel版
注意:試験期間中に病気で欠席し、試験が受けられない時は、上記用紙でなく、医師による「診断書」の提出が必要です。

B証明書の原本は健康管理ノートに貼付し、コピーを本館5階事務室へ提出する。

〒326-0808
栃木県 足利市
本城 3-2100-1
TEL:0284-64-8511 FAX:0284-21-6800