看護学部の紹介

HOME > 看護学部の紹介 > ごあいさつ

ごあいさつ


足利大学 学長 荘司 和男
2016年4月1日より学長に就任。日本セラミック協会会員、電気学会会員、応用物理学会会員、電子情報通信学会会員。

心ある看護者を育て、心ある社会を築いていく。
それが、私たちの使命です。

 足利大学は、日本仏教の祖である聖徳太子の十七条憲法の第一条にある「和を以て貴しと為す」を建学の精神として、研究・教育に取り組んでいます。現在の、そして将来の社会環境、国際環境を見通して、いかに「和」を保てるか、相手の立場に立って考えられるか、これからの看護者にとって、この「和の心」が不可欠な資質なのです。 
 足利大学看護学部では、看護の実践能力や知識は当然のことですが、それらを生かす「和の精神」をしっかりと身につけた「心ある看護者」の育成を目指しています。より具体的には、「高い倫理観」を持ち、周囲の人との「協調性」を備え、「知的好奇心を持続し」、さらにはどんな状況にも適確に対応できる「柔軟性」を兼ね備えた看護者と言い換えられるでしょう。
 入学される皆さんが、本学での幅広い学びに触れることで、さまざまな価値観を知り、柔軟な視野や、豊かな発想を持てる人間に育って欲しいと願っております。高齢化社会の到来を迎え、あたたかな心があふれる社会の実現のために、「心ある看護者」が今ほど求められているときはありません。
 本学は、皆さんの夢に実現のために、その未来を全力でバックアップします。


足利大学 看護学部長
杉原 喜代美

 ナイチンゲールが生誕して200年の時を刻み、少子超高齢社会で地域を包括的にケアする担い手として看護職の役割が期待される今日、看護職が持つ可能性を最大限に発揮し、看護職が健康課題への取り組みの中心に立ち、人々の健康向上に貢献するために行動する“Nursing Now!”のキャンペーンが世界的に取り組まれています(日本看護協会Hpより)。
 このような看護の力が改めて注目される記念すべき時代に足利大学で皆様に出会えることは大変貴重なことだと考えています。
 看護の道で、大学の学士課程において看護学を学修することは、看護職として多様な選択肢を持つことにつながります。
 本学は看護基礎教育には実績があり「調和の精神と看護専門職としての倫理観を持ち、社会に貢献できる人材」を養成するために、教育課程を精選し、社会の要請に合致した万全の受け入れ態勢をとっています。そして、生涯にわたってキャリアアップできるように看護学を修めようと志をもって入学された皆様をサポートします。
 ともに看護学を通して社会に貢献することができたら本当に素晴らしいことだと思っています。

〒326-0808
栃木県 足利市
本城 3-2100-1
TEL:0284-64-8511 FAX:0284-21-6800