工学部トップ > News&Topics 2021

本学大学院生が第71回日本木材学会大会で学生優秀口頭発表賞を受賞しました

 2021年3月21日、東京農工大学府中キャンパス(東京都府中市)で開催された「第71回日本木材学会大会」(主催:一般社団法人 日本木材学会)で、本学大学院生の朱皓君が研究発表を行い、「学生優秀口頭発表賞」を受賞しました。

 発表した研究テーマは「X線CTを用いた柱材の腐朽プロセスに関する研究」で、本学創生工学科建築・土木分野の齋藤宏昭教授の指導の下、修士論文として纏めた研究の一部です。本研究は、木造建築に用いられる柱材等がどのように劣化するかを、X線CT装置を利用して分析したもので、木造建築の耐用年数予測や長寿命化に役立つ技術開発に貢献する内容です。朱皓君は、研究の継続や博士号の取得を望んでおり、本学OBとして将来の活躍が期待されます。

 日本木材学会は、1955年に設立された木材に関わる様々な分野の研究活動を行う、日本学術会議協力学術研究団体です。

工学部バックナンバー