HOME > 学系・コース・大学院 > 修士課程 > 情報・生産工学専攻

情報・生産工学専攻

人、物、空間の快適な関係を追求する

本専攻では、専攻分野に関する高度な学識、研究者として必要な学識、専攻分野に関する応用能力、技術者倫理等を養い、 高度専門職業人養成を目指す。特にグローバル化の時代にあって、発展途上国援助等も含めた国際的に活躍できる人材の育成も目指しています。 以上の目標を達成するために設けられた6専修は次の通りです。

概要

1) 再生可能エネルギー・環境工学専修

国内外を問わずに、持続可能な社会構築が重要な課題となっています。本学では、 風力・太陽光・バイオマス(トリプルハイブリッド)を利用した再生可能エネルギーの研究教育が大学の特徴であり、社会的にも評価が高いです。 この専修では、学部における研究教育の上に立ち「自然エネルギー」と「環境」をキーワードとして、 風力ネルギー、太陽エネルギー、熱工学、バイオマスエネルギー、環境工学、水文学、再生可能エネルギー、非弾性挙動等の学科目を開設し、 合わせて機械・電気電子等に関連する他専修に開設された学科目の学修を通じて総合的な素養を涵養します。 また、学部から引き続いて語学力を高め、発展途上国を含む国内外でのエネルギー問題や地球環境問題の解決に貢献できる高度な知識と技術を修得します。

2) 機械システム工学専修

機械工学は、我が国の工業を歴史的に支えてきた産業の根幹であり、将来に亘り科学技術創造立国を目指す我が国にとって、この分野の発展は不可欠であると考えられます。 国際的にも活躍できる高度専門技術者の養成を図ります。 この専修では、学部に設置された機械工学系の教育成果に立ち、より広い視野に立った学識と技術、専攻分野における研究能力、専門性を要する職業等に必要な能力を修得します。 以上のことを実現するために、流体工学・材料工学・精密工学等の分野について学科目を開設します。

3) 電気電子工学専修

電気電子工学も機械工学同様、我が国工業の根幹を成す分野です。 この分野における技術の発展はめざましく、他分野との融合、国際的な学術交流、その他学問分野の学際化、融合化に対応しながら教育研究を進めます。 この専修は、学部に設置された電気電子工学系の教育成果に立ち、より広い視野に立つ学識、深い専門能力、高度の実践能力を修得します。 以上のことを実現するために、 物性材料工学、情報通信工学、電力工学等の分野について学科目を開設します。

4) システム情報工学専修

コンピュータ技術、ソフトウェアの発展は工学の世界において画期的な変化をもたらし、IT化の時代にあってますます重要性を増す研究分野となっています。 この専修では、学部に設置された情報システムデザイン学系の教育成果に立ち、さまざまな産業分野や社会現象等の複雑な仕組み(システム)を分析し、問題点を抽出し、解決策を実行することを修得します。 また、今日システィマチックになっている環境において、コスト意識をもった社会・工学システムのマネジメントが重要になっていることから、その能力を養成します。以上のことを実現するために、生産システム工学、情報システムデザイン、ソフトウェア工学、ロボット工学等の分野について学科目を開設します。

5) 生命システム学専修

心の時代と言われる21世紀において、脳の営みをシステム学的に捉え、生命活動を生み出している多様な情報処理機能を、工学に活かそうとする脳科学を主体とした研究分野です。 この分野では、遺伝子から社会的行動システムまで脳に関する知識を修得し、脳の機能を活かしたシステム開発や医療福祉機器の開発に取り組める人間情報工学のスペシャリストを養成します。 この専修では、学部に設置された生命システム学系の教育成果に立ち、更にこの分野の特異な専門性を修得します。 このことを実現するために、生命システム、情報工学、睡眠環境工学等の学科目を開設し、合わせて関連する他専修に開設された学科目の学修を通じて高度な素養を涵養します。

6) 煙火学専修

この専修は、通称「花火大学院」として平成18(2006)年に機械工学専攻の中の1専修として新設されました。以来16名の修了生を送り出しています。 この専修では、花火という、これまで職人の伝統的技能とされてきた煙火のメカニズムを科学的工学的に解明する分野であり、国内でも珍しい専修となっています。 この専修では、学部に設置された自然エネルギー・環境学系及び機械・電気工学系の教育成果に立ち、煙火(花火)の技術を発展させるために必要な知識、技術を修得します。 更に、工学的な研究を中心に、煙火(花火)の評価や芸術的側面も含む科学的アプローチを盛り込んだ煙火(花火)に関する実学的な研究教育を進めます。 そのために、煙火弾道学、発光発色学、煙火製造等の学科目を開設し、合わせて関連する他専修に開設された学科目の学修を通じて総合的な素養を涵養します。

修士課程


  • 大学院入試に関するお問い合わせ
    - 教務課
  • FAX: 0284-62-5009
  • aithome@ashitech.ac.jp