HOME > 海外支援プロジェクト > ケニアプロジェクト

2012年10月に、牛山学長(当時)が、ケニアのジョモケニアッタ農工大学Imbuga学長との間で、ケニアにおける再生エネルギー利用を推進するため本学が協力する協定に署名した時の様子です

ケニアでは、地方電化率が2009年時点で10パーセント未満で、2020年までに40パーセントまで引き上げることを目標としています。その実現方法の中の一つが太陽光発電などの再生エネルギー利用です。

当学は、引き続きジョモケニアッタ農工大学との協定に基づき、ケニアの電化率向上のために貢献してまいります。