HOME > 学系・コース・大学院 > 博士後期課程 > 情報・生産工学専攻

情報・生産工学専攻

情報・生産工学専攻は、修士課程の情報・生産工学専攻と連結し、情報と生産の関連性を有機的に捉えようとするところから生まれました。

概要

情報と生産の2分野の一方を深く追求しながら、他方への確かな基本知識をもち、同時に自由な発想で総合的に問題を解決出来る人材の養成を目的としています。
「情報システム工学」「電子情報工学」「生産システム工学」「エネルギー変換工学」からなる4専修では優れたスタッフの下に特色ある研究を推進しております。
遺伝的アルゴリズムの情報システム設計問題への応用等、先端工学技術の開発を含む研究テーマがカリキュラムに組み込まれている一方、睡眠実験による精神疲労の研究、風力変換によるクリーンなエネルギー利用等、幅広い研究体制が備わっております。
更に、研究者の卵に欠かすことのできない未来思考の発想を育成するために学外から数名の講演者を招聘し、オムニバス形式のセミナーを開講しております。

主な研究テーマ

●情報システム工学

  • 多重感覚刺激の認知過程に関する情報工学的研究
  • 睡眠の数学モデルによる時差ボケの研究
  • 睡眠実験による精神疲労の研究
  • 人間の情動行動の情報工学的研究
  • 新しいヒューマンインタフェースの開発とその応用
  • 環境因子による生体リズムの動特性に関する研究

●電子情報工学

  • 符号理論に関する研究
  • 計算機代数に関する研究
  • グラフ理論に関する研究
  • 光圧発生法とデバイス応用に関する研究
  • 巨大磁気抵抗材料の研究
  • 強誘電体材料に関する研究

●生産システム工学

  • 循環型生産システムの解析
  • 表面改質による機器、機械要素の性能、機械的諸性質の改善と評価
  • 軸受用窒化ケイ素球の研磨法と寿命予測
  • 習熟を考慮した生産システムの設計
  • 機械要素および構造物の最適設計
  • 仮想(VR)空間における製品設計と設備計画の研究
  • PCクラスタ向き並列計算アルゴリズムの研究
  • 材料の強度と破壊解析
  • 無機材料の複合化技術
  • セラミックスの焼結プロセスと強度の評価
  • 先端技術のプロセシング
  • 新素材開発

●エネルギー変換工学

  • 高性能風力変換システムの研究
  • 自然エネルギーハイブリットシステムの研究
  • 途上国用適正エネルギー技術の開発研究
  • 誘導加熱用高周波インバータの特性評価に関する研究
  • スイッチングモードDC-DCコンバータの最適設計に関する研究
  • 電気粘性流体の流体工学的挙動
  • 小型誘導電動機の電磁振動および騒音に関する研究
  • 振動モータの特性解析とその改善に関する研究

博士後期課程


  • 大学院入試に関するお問い合わせ
    - 教務課
  • FAX: 0284-62-5009
  • aithome@ashitech.ac.jp