HOME > 学系・コース・大学院 > 博士後期課程 > 建設・環境工学専攻

建設・環境工学専攻

建設・環境工学専攻は、修士課程の建設・環境工学専攻と連結し、自然環境との共生をキーワードとして生まれ
ました。

概要

建設・環境工学専攻では、人間にとって最も望ましい生活環境の創造を求め、従来の建築学・都市環境工学が対象とした領域を含みながら、さらに両分野の技術的融合発展を目指しています。
豊かな環境造りには、建築のための素材の開発・選定とそれらの組合せについての探求、地震をはじめとする各種災害への対応、自然環境や即成人工環境との調和、人間の個別あるいは集団的行動についての分析をはじめ、問題が山積しています。

学生は、次に揚げた諸テーマのうちいずれかを選んで学習・研究に取り組むことになります。 目標は、みずから問題を発見し、解決のための方法を考え、分析考察を進めることのできる独自性を備えた研究者の養成にあります。

主な研究テーマ

●建設構造工学

  • コンクリート系構造物の構造性能
  • 連続繊維補強剤を用いた構造物の構造性能
  • 建築構造物の免震
  • 制震技術
  • 地震直前検知を含む地震防災
  • 鋼材とコンクリートを種々組み合わせて協同作用させた構造の研究
  • ジオテキスタイルなど新材料による土質改良方法
  • 自然災害と不飽和地盤の工学的関係についての研究

●材料施工学

  • 改良高炉セメントの建築分野への利用
  • 産業副産物の建築材料への活用利用
  • 鉄筋コンクリート造建築物の耐久性設計法の確立
  • 建築工事の省力化と生産性の向上化
  • コンクリートポンプ工法の合理化
  • 建築構造物の解体法と廃材の再生利用
  • 高強度コンクリートのひび割れ制御法に関する研究

●建設計画学

  • 医療
  • 保健施設の建築計画
  • 高齢者施設の建築計画
  • 障害者施設の建築計画
  • 西洋建築史
  • 建築論
  • 建築空間構成
  • フランスの都市の修復
  • 地方都市の地域特性
  • 広域圏の構造

●環境システム工学

  • 快適居住環境、健康住宅
  • 労働環境としてのオフィス環境
  • 空気を中心としたハイブリット建築環境
  • 風、波による海洋構造物の動揺と系留法
  • 陸水の流れの乱れの構造
  • 温水、冷水の海への排水拡散特性
  • 天空輝度、天空放射輝度分布の標準化
  • 景観照明、視環境の設計法と評価法
  • ホログラム画像による光環境計測
  • 衛生画像による海流解析
  • 海岸における砕波の機構

博士後期課程


  • 大学院入試に関するお問い合わせ
    - 教務課
  • FAX: 0284-62-5009
  • aithome@ashitech.ac.jp