工学部トップ > News&Topics 2020

 県内航空機関連企業3社と本学工学部機械分野 田村昌一准教授が令和2年度公益財団法人栃木県産業振興センターの「戦略産業産学官金連携プロジェクト支援補助金事業」の研究助成に採択されました。

 この事業は戦略産業分野(次世代自動車、航空機、医療機器・ヘルスケア、ロボット)の抱える課題を、産・学・官・金が連携して先端技術等を活用して解決する取組について、連携の高度化を目指すための連携プラットフォームの構築から、最適な研究開発メンバーによるプロジェクト形成、研究開発実施までを支援することにより、栃木県内中小企業の生産性向上、競争力強化及び産学官金連携事例の創出を図ることを目的とするものです。

@研究テーマ:「航空機用炭素繊維強化プラスチック製ハニカムコアサンドイッチパネル
の リードタイム短縮とコスト削減 のための 加工技術の高度化」
A研究概要:炭素繊維強化プラスチック製ハニカムコアサンドイッチパネルの一貫生産を具現化する上で障壁となる 「リー ドタイムの安定と削減」及び 「コスト 削減 」対し、「炭素繊維強化プラスチック の トリム加工」、「サンドイッチパネル成形加工」、「ハニカムコアの機械加工」の 3 工程の加工状態の見える化を行い、体系的 に 加工条件の決定指針を定めることで、精度不良による無駄な出戻り作業の削減によるリードタイムの 安定化とコストの削減に取り組む。
Bプロジェクト機関:エーシーエム栃木(株)・(株)テツカクリエート・亀田産業(株)・足利大学・(株)足利銀行※・栃木県産業技術センター※ (※アドバイザー)

工学部バックナンバー