工学部トップ > 工学部News&Topics 2017

『足利の近代化遺産を考える会』設立記念シンポジウムのご案内

『足利の近代化遺産を考える会』は、市民グループ・市文化財関係者・本学を含む大学教員により本年3月に設立致しました。この度、設立を記念してバスツアー及びシンポジウムを開催致します。


クリックすると詳細なPDFを表示します。

■バスツアー:市内の近代化遺産4ヵ所を訪ね、現地で解説致します。

■シンポジウム:足利工業大学1号館大講義室を会場に開催致します。

シンポジウムについて

@基調講演は、文化庁や東京文化財研究所にて近代化遺産の保存・活用の事業の中心に係わってこられた北河大次郎氏をお招きし、「これからの近代化遺産を考える」と題して講演して頂きます。

A足利市内および隣県・群馬県の近代化遺産の現状等について、3名の講師が報告致します。3名の内、2名は本学教員が担当します。

Bパネルデスィカッションでは、地方都市のまちづくりと近代化遺産の役割等について、市民の皆様を交えて議論したいと思います。

詳しくは、上記のチラシをご覧ください。多くの皆さまのご参加をお待ち致します。

工学部バックナンバー