工学部トップ > 工学部News&Topics 2017

宮澤伸吾教授が土木学会で2度目の吉田賞を受賞しました

建築・土木分野の宮澤伸吾教授が、平成28年度土木学会の吉田賞論文部門を受賞しました。平成7年度にも受賞しており、2度目の受賞となります。

今回受賞した論文は「ダムコンクリートにおける自己収縮ひずみの評価方法に関する研究」。吉田賞は、日本のコンクリート技術の基礎を築いた吉田徳次郎博士の生前の功績を称え、コンクリートおよび鉄筋コンクリートの技術の進歩向上に寄与することを目的として、昭和36年に創設されたものです。

関連リンク:吉田賞受賞一覧(公益社団法人土木学会ホームページ)

工学部バックナンバー